10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: ひとりごと。  * janre: 日記

* category: 未分類

国が国であるために 

2014.03.18
Tue
00:44

ウクライナのクリミアの選挙、結果ありきでしたよね。
民主主義の悪いところが出てしまいましたね。
公正に選挙をするのって本当に難しいですね。
日本でもそうですよ;;;;。
仕事柄、嫌ってほど見せられてきましたから;;。

タタール人が元々住んでいた土地にロシア人が侵略して移住してしまったんですもんね。
そりゃ、自分の祖国に併合されたいのは気持ちとしてはわかりますが、でも元をただせばってことですよね。
本来は、侵略してきた人たちが祖国に戻ればいいだけのことなんだけど。
定住する期間が永ければ永いほど難しくなりますね。
元々、侵略した者と侵略された者どうし、遺恨があって当たり前ですもんね。

このニュースを聞いて、ものすごく不安になりました。
今、政府では、毎年20万人の移民を受け入れることを検討しているそうです。
マジ、やめていただきたいなぁ。
この場合、合法的に日本に多くの外国の方が定住できるんだよね。
日本がめちゃくちゃにされるような気がしています。
またこういう話をすると、私がおかしいと言われるんですけどね;;。
パパには既に思われている(^^;
色んな国の人が、日本が大好きできてくれる分には私だって文句は言いません。
日本という国の文化を尊重して、なじもうとしてくれるのなら、喜んで来て頂きたい。
でも、かの国の方達に来られると日本はなくなるんじゃないかと思っております。
参政権まで認めてしまえば、今回のクリミアのようになりかねないんじゃないかと。
まぁ、この場合は、一地方がそうしたいと選挙をしても国が認めなければ併合されることはないでしょうけど、でも、じわじわと既成事実を作って気がついたら遅かったってことになりかねないんじゃないかと思う訳ですよ;。

言ったもん勝ち、やったもん勝ち

ってね;。


かの国の新聞が書いていましたが、
我が国の国民を守るためなら、日本に軍隊を送ることができる
冗談ではないですよね;;。
今回のロシアがとった行動と同じ;;。

アメリカは頼りにならないですよ。
特に民主党は。(日本もあかんかったけど>苦笑)
外交は所詮、国益重視ですよね。
どんなに同盟を結んでいようが、国際法を守ろうとしようが、自国の利益にならないことはしない。
友達じゃないんだよね。
仲良くしていても、自分たちが有利になるように裏工作をしている。
真正直なのがいいとは思うけど、国同士はそうもいかないよね。
アメリカが強かったら、こんなに世界が物々しくならなかったんではないでしょうか?
ブッシュ(息子)大統領のときもだめだと思ったけど、オバマ大統領はもっとだめなんじゃないかと;;。
外交音痴なんて言われてますもんね。
駐日大使のキャロラインさんにも失望してますねん;;。本当に残念な方だわ;;。

国民を守るためには政府にはしっかり仕事をして頂きたいな。
強い(あらゆる意味で)国があってはじめて安定した生活を国民が送れると思う。
安倍首相には、日本の国益を守れるようにどうかしたたかに外交をして頂きたいですね。
Comment(0) | Trackback(0) |  * 記事編集 *  go page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

go page top

この記事に対するコメント
トラックバック
トラックバックURL
→http://airywing.blog61.fc2.com/tb.php/79-90d49128
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

読書カレンダーBLACK

Google動画検索

全記事(数)表示

Live Moon

NATIONAL GEOGRAPHIC

World-翻訳-EX

FC2カウンター

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。